追突事故に遭い、車が全損になってしまいました・・・

042612f552aa7caa0eef3b58b7ad5dfa_s

追突で全損事故を起こしてしまった・・・

このようなときってありますよね

私は、保険会社の事故対応部門で3年働いてきましたが、
全損事故の中で追突の事故形態が一番多かった記憶があります

追突での全損事故の場合、
あなたが加害者か、被害者かによって考え方が変わってきます

加害者の場合

まず加害者の場合で全損になった場合は、あなたの車両保険が適用になります

車両保険には、一般補償と限定補償がありますが追突事故の場合は、
どちらの補償であっても支払ってもらえます

全損金額としては、設定している車両保険金額をそのまま貰えます

また、全損事諸費用特約や買替時諸費用特約、新車特約、
車両超過修理費特約などに加入していれば、+αで保険金を貰えたり、
修理しても保険で修理費を支払ってくれたりします

詳しくは、ご加入の保険会社にお問い合わせください

被害者の場合

次に、あなたが被害者で全損になった場合です

このケースでは、加害者の対物保険から全損費用を支払ってもらうことになります

もちろん、加害者が無保険や対物賠償保険に未加入であれば、
加害者に自腹で支払ってもらうことになります

このケースで問題になるのは、保険会社の全損金額の低さかと思います

被害事故で修理費も全額支払ってもらえない、
全損金額も低いとなれば非常に不愉快になりますよね

確かに廃車料については、廃車買取査定サービスを利用すれば、
廃車料を払うのではなく、逆にお金をもらえます

被害事故の場合は、相手保険会社が車を引き取る義務はなく、
廃車もあなたが手続きすることができます

なので、一度、廃車買取査定サービスで見積もりをとって、
どれぐらいお金をもらえるか?は確かめてみるのがいいでしょう

ただ、それでも相手保険会社の全損提示金額をカバーでできるぐらいもらえるかは未知数です。
いくら廃車費用をもらえたからといっても限界があります

では、もう泣き寝入りするしかないのでしょうか?

決してそういうわけではありません。
交渉次第で全損金額を引き上げてもらうことは大いに可能です。

これは、保険会社の示談交渉担当として働いていた私でないと分からない交渉方法です。
詳しくはこちらで詳しく解説していますので、一度覗いてみてください。

場合によっては数十万単位で全損金額がUPする可能性もありますよ。

全損金額を大幅にアップする方法

トピック!

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

あなたの自動車保険は安くできます!

保険会社によって同じ保障内容でも保険料が安くなるってご存知でしたか?

itiran1

【無料】最大18社の自動車保険を一括見積もり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る