【追突事故に遭い車が全損】買い替えのポイントや交渉で保険金額を上乗せするコツ!

042612f552aa7caa0eef3b58b7ad5dfa_s

追突で全損事故を起こしてしまった・・・。

私は、保険会社の事故対応部門で3年働いてきましたが、
全損事故の中で追突の事故形態が一番多かった記憶があります。

追突での全損事故の場合、あなたが加害者か、被害者かによって考え方が変わってきます。

加害事故の場合

まず加害者で全損になった場合は、あなたの車両保険が適用になります。

車両保険には、一般補償と限定補償がありますが追突事故の場合は、どちらの補償であっても支払ってもらえます。

全損金額としては、設定している車両保険金額をそのまま貰えます。

また、全損事諸費用特約や買替時諸費用特約、新車特約、車両超過修理費特約などに加入していれば、+αで保険金を貰えたり、修理しても保険で修理費を支払ってくれたりします。

詳しくは、ご加入の保険会社にお問い合わせください。

被害事故の場合

次に、あなたが被害者で全損になった場合です。

このケースでは、加害者の対物保険から支払ってもらうことになります。

もちろん、加害者が無保険や対物賠償保険に未加入であれば、
加害者に自腹で支払ってもらうことになります。

このケースで悩むのは、修理すべきか買い替えるかどうかという点でしょう。

過失ゼロの全損事故について、修理か買い替えかで悩んでいます。

時価が50万円、修理費用が100万円
相手の対物超過保証で修理の場合は負担ゼロになりそうな感じです。

相手の保険会社は、買い替えをお勧めするような感じの話ぶりでした。

ネットで調べてみると、対物超過は修理する場合にのみ適用で、買い替えの場合は時価相当の保証にしかならないと認識しています。

・保険会社は、買い替えしたほうが対物超過分の50万円を負担しなくてもよいから、買い替えをお勧めするのでしょうか。

・修理の方向で話をして、もし、対物超過分の半分でも上乗せしてくれるなら買い替えしてもよいとの交渉は有効でしょうか。←これでも、保険会社は修理するより損をしないので。

よろしくアドバイスお願いします。
引用元: ヤフー知恵袋

基本的に、上記の質問通り対物超過特約に加入しているのが基本なので、保険会社提示の時価額(事故時の車の価値)+50万円までは修理費全額を支払ってもらえます。

つまり、上記のケースでは、修理費100万円までは修理費全額を相手の保険で直してもらえます。

ですが、修理しない場合、保険会社提示の50万円(時価額)が限度となります。

私の経験上、このような場合、修理を選択される方が7割近くでしたが、もし買い替えを検討される場合は、保険会社提示の時価額を交渉してUPしてもらってください。経験上、50%以上の確率でUPできます。

保険会社も商売ですから、修理されるより買い替えしてもらったほうがトータルで支払う保険金が減るなら、ある程度は交渉に応じてくれます。

その結果次第で、買い替えか修理するかを決断するのがいいでしょう。交渉する際は以下の3つの方法がメインとなります。

カーセンサーで相場を調べる

保険会社はレッドブックという赤本をベースに時価額を決めていますが、このレッドブックの時価額は現在の市場流通価格より低いのが一般的です。

そのため、中古車販売サイト(カーセンサー)で、事故車とまったく同じ車(走行距離含め)の販売価格を調べ、保険会社提示のものより高ければ、該当ページを印刷して保険会社にFAXか郵送してください。

それだけで、UPする可能性は非常に高いです。

また、車を買い替えるとなると、本体価格だけでなく諸費用もかかってきます。そのため、カーセンサーで見積書まで取ってみて、その諸費用も保険会社に時価額UPの資料として提出されることも推奨致しま。

代車を早く返す

今現在、保険会社手配のレンタカーか工場手配の工場代車に乗っているでしょうが、この代車を早く返却することで時価額をUPしてもらえます。

基本的に買い替えの場合は、保険会社の全損提示から2週間を代車の期限とするのが一般的です。

それを、例えば1週間で返却することで、「日額×7日分」を時価額に上乗せしてもらえます。

車を売却する

これは時価額とは別ですが、修理しない場合、車を廃車しようが売却しようがあなたの自由です。

ですが、使える車のパーツを取り出し海外で販売して商売している業者が数多くいるので、全損車は高く売れるケースがあります。

なので、1度、車査定サービス(全損車対応)で見積もりをとってみて、どれぐらいお金をもらえるか?を確かめてみてください。

(※車の状態は「走らない」を選択してください)

事故車をネットで簡単査定してみる

この3つの方法で貰えるお金のトータルを確定させた上で、修理するか買い替えるかを決めても遅くはないはずです。

場合によっては保険会社の最初の提示額から数十万単位で全損金額がUPする可能性もゼロではありません。より詳しい内容は以下で解説していますが、まずは上記の3つを調べてみてください。

全損金額を大幅にアップする方法

トピック!

事故車でも高く売れるってご存知でしたか?

車両保険でも被害事故でも、修理せず保険だけもらうこともできるんです!後は、以下のカーセンサーの数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格で売却し、「保険金」+「売却価格」でお得に車を買い替えるだけです。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る