過失割合を決める上で参考にしている、判例タイムズとはどのようなものなんでしょうか?

7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_s

交通事故の過失割合はどうやって決めるかご存知でしょうか?

実は、過失割合というのは判例タイムズという本を基準にして決めています。
これは、裁判所も参考にしていますし、全保険会社は共通して判例タイムズを利用しています。

私は保険会社の社員として、
事故対応部門で3年働いていましたが、毎日判例タイムズを片手に仕事をしていました。

通称、保険会社内では、「判タ」と言われているほどです

それほど、判例タイムズというのは必需品なんです。

相手保険会社とも、この事故は判タ○ページの事例なので、
基本過失は○対○でスタートしましょうか。

こんなやりとりを毎日のようにしてたわけです。

なので、あなたも事故を起こして保険会社から、
「今回の事故の責任割合は、一般的に○割程度になります。」と言われれば、
判例タイムズの基本過失がそんぐらいなんだなと思っていいです。

判例タイムズには、事故形態から算出できる基本過失と、
主に、事故当事者の主観から判断される修正要素とに分かれています。

もし、過失割合が気になるのであれば、
保険会社に判例タイムズのコピーを郵送してくださいと言えば、
すぐに郵送してもらえるので言ってみてもいいかと思います。

これは、保険を使う使わないに関わらず、
近くのサービスセンターに問い合わせれば、郵送してもらえるはずです。

私も、何度か郵送させていただきましたしね。

本を買うとなれば高いので、買う必要まではないかと思いますよ。

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る