交通事故の過失割合の8対0と8対2の違いを教えてください

3b8a9b00fe4ce8dfb10a8ba87062a37a_s

交通事故の過失割合の8対2と8対0の違いってよく分からないですよね?

私も保険会社で働くまでは???だったので、
分からないのも無理はないかと思います

また、保険会社の事故対応部門で3年働いていたときも、
9対0はあっても8対0で解決した事故はなかったと記憶しています

それぐらい、8対0というのは滅多にない事故です

一般的に8対2の意味は知られていますが、8対0というのは業界用語で方賠と言われています

方賠=片方のみ賠償責任が発生するという意味です。
具体例をあげます。

あなたの損害額:100万 過失:8割

相手の損害額:70万 過失:0割

こうなった場合、あなたが相手に56万(70万×8割)を支払って解決となります。
あなたは相手から一切もらえません

これが、片賠です

もし8対2であれば、相手から20万円受け取ることができるわけですね。

これは一例ですが、通常過失か片賠かでここまで変わってくるわけです。

車両保険に加入していれば、あなたの車の修理費は全部出ますが、
もし加入していなければ、自己負担額かかなりの額になります

故に、片賠で自己負担額を減らしたい・・・という思いが出てくるわけです

もちろん示談解決の手段として片賠はOKです。

なので、最終的にはあなたの状況を考えて、
8対0という片賠の示談解決も検討してみてください

⇒過失割合で悩んだときの対処法6つ

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る