自動車事故の過失割合で揉めていて、相手がなかなか認めてくれません・・・

663aa4eebf0025d72662bf4005240017_s

自動車事故の過失割合で揉めてて、なかなか相手が認めない・・・

このようなときってありますよね

私も保険会社の事故対応の現場で働いていたときに、
こういう状況を幾度となく経験してきました

そんな私の経験から、過失割合で揉めたときに、
まず考えなければいけないことをお伝えしたいと思います

考えるべきことというのは、立証できるかどうかです

というのも、過失割合もいうのは双方合意の上で決めるものですが、
何を根拠に決めるのかというと客観的に判断できるものを基準に考えます

信号が赤だったとか、道路の幅がどうかとかですね

これらは覆しのない事実なので、双方納得するわけです。

ですが、主観的な要素。

例えば、スピードが何km出てたとか、
ウィンカーを出していた秒数とか、どっちが幅寄せしたきたとかです。

これらは、本当に立証するのが難しいです。

大前提として、過失割合というのは「ある」と主張する側が、
立証する必要があります

つまり、あなたが相手が幅寄せしてきたから、
相手の方が過失大だ!と主張したとしても相手は認めない。

そんなときは、あなたが相手が幅寄せしてきたのを立証する必要があります。

では、どうやって立証すればいいのか?

それが、ドライブレコーダーであり監視カメラの映像であり車の傷のつき具合です。
でも、説明するまでもないですが、はっきり言って立証するのは非常に難しいです。

裁判をしてもです。

そうなれば、客観的に把握できる情報のみを頼りにして、
過失割合を決めていきます

いわゆる、事故形態から判断できる基本過失で過失を決めざるを得ないとなるわけです

ここで納得できない方が多いので、過失割合はなかなか決まらないんです。
でも、立証できない以上はどうすることもできません

そうなれば次の手段を考えようとなるわけですね

一応、次のページに過失割合で悩んだときの対処法を全てまとめましたので、
参考になるかもしれません。

過失割合で悩んだときの対処法の全て

トピック!

事故車を高く売るなら事故車専門の買取業者で!

事故車を修理せず保険だけもらうこともできるんです!後は、事故車専門の買取業者に車を高く売るだけですよ。

事故車をネットで簡単査定してみる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る