自動車事故の車線変更での過失割合で揉めています・・・

4d4c3523cdccc549d3c499abf163d4a0_s

自動車事故の車線変更での過失割合で揉めている・・・

このように悩むときってありますよね

私は保険会社の事故対応部門で3年働きましたが、
車線変更の事故を数多く担当してきました

車線変更の事故は非常に揉めるパターンの事故です

保険会社が介入しているのであれば、
もう聞かれたかもしれませんが、車線変更の基本過失は7:3になります

もちろん、7の過失の方は車線変更をした車です

当然ですね

この事故がなぜ揉めるか?

それは、車線変更した車のウィンカーの秒数の問題です

要は、車線変更した側と直線道路を走ってた側で秒数が合わないんです。
片方は3秒出して変更した。もう片方はウィンカーを出したと同時に変更した。

こんな感じですね

これで、本当に揉めるわけです

とりあえず、あなたが過失で揉めているのであれば、
事故の状況をもう一度精査してください

何十秒も並走してた状況で、車線変更したのか?
それとも、合流地点で車線変更してきたのか?

これらで過失も異なってきます

並走状況での車線変更は防ぎようがないので、
過失10:0でもおかしくないんじゃないの?となるかもしれません

直進中の車の接触箇所が、左後ろであっても、
状況によっては、真横からの車線変更じゃないの?となるかもしれません

色んな状況が考えられますので、
ウィンカーの秒数も含めて、妥協点がないかを探るようにしてください

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る