自動車事故の過失割合の負担額とはどういう意味なんでしょうか?

684058150f11b4276c23c1ee00c640b3_s

自動車事故の過失割合の負担額とはどういう意味か?

よく分からないですよね

私も、保険会社に勤めていた当初、
過失割合の負担額の計算で非常にてこずりました

過失割合の負担額とは、要はあなたが賠償すべき金額のことです

例えば、過失割合60(あなた):40(相手)で、
お互いの損害額がどっちも100万としましょう

そうなった場合、あなたが負担しなければいけないのは、
60万です(相手損害額100万円×60%)

まず、この60万円を対物保険で支払うか、自己負担するかとなるわけですね

分かりますよね?

また、あなたも相手から相手の過失割合分は賠償を受けれます。
上記例で言うと、40万円ですね(100万円×40%)

なので、あなたの損害額のうち40%分は相手が支払ってくれるわけです

もちろん、残りの60万は、あなたが車両保険で支払うか、自己負担するかとなるわけです

結局、双方のトータル損害額にあなたの過失割合を掛けると、
あなたのトータル負担額が分かります

その負担額を、保険で払うかどうかとなるわけです

これが、過失割合の負担額の問題ですね

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る