交通事故の過失割合の著しい過失とはどういった意味なんでしょうか?

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

自動車事故の過失割合の著しい過失割合とはどういう意味なのか?

よく分からないですよね

私も保険会社に入社するまでは、知りませんでした

著しい過失とは、判例タイムズという全保険会社が、
バイブルにしている本に記載のある文面のことです

絶対というわけではないですが、
交通事故の過失割合を決定する上では欠かせない本ですね

判例タイムズには、事故形態別に基本過失割合が定められています

例えば、一時停止の標識があって事故を起こしたら、8割の過失があるとかですね

ただ、過失というのは事故形態だけで決定できるものではありません

例えば、当事者が事故時に携帯電話で話ながら運転していたとなれば、
不注意じゃないのか?となりますからね

こういった、プラスαの不注意、違反のことを著しい過失と業界内では言われているわけです

脇見運転、速度違反、ハンドル・ブレーキ操作不適切etc

判例タイムズには、著しい過失に該当する例が色々と記載されています

この著しい過失に該当する場合は、基本的に過失が10%加算されます。
他にも、重過失というものもあり、これは20%加算されます

もし、著しい過失に該当するのか?と悩んでいるのであれば、
一度、保険会社にお問い合わせされることをオススメしますよ

⇒過失割合で悩んだときの対処法6つ

トピック!

事故車でも高く売れるってご存知でしたか?

車両保険でも被害事故でも、修理せず保険だけもらうこともできるんです!後は、以下のカーセンサーの数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格で売却し、「保険金」+「売却価格」でお得に車を買い替えるだけです。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る