交通事故の過失割合の著しい過失とはどういった意味なんでしょうか?

31db111adf7617e1bf5bc238d653f2ba_s

自動車事故の過失割合の著しい過失割合とはどういう意味なのか?

よく分からないですよね

私も保険会社に入社するまでは、知りませんでした

著しい過失とは、判例タイムズという全保険会社が、
バイブルにしている本に記載のある文面のことです

絶対というわけではないですが、
交通事故の過失割合を決定する上では欠かせない本ですね

判例タイムズには、事故形態別に基本過失割合が定められています

例えば、一時停止の標識があって事故を起こしたら、8割の過失があるとかですね

ただ、過失というのは事故形態だけで決定できるものではありません

例えば、当事者が事故時に携帯電話で話ながら運転していたとなれば、
不注意じゃないのか?となりますからね

こういった、プラスαの不注意、違反のことを著しい過失と業界内では言われているわけです

脇見運転、速度違反、ハンドル・ブレーキ操作不適切etc

判例タイムズには、著しい過失に該当する例が色々と記載されています

この著しい過失に該当する場合は、基本的に過失が10%加算されます。
他にも、重過失というものもあり、これは20%加算されます

もし、著しい過失に該当するのか?と悩んでいるのであれば、
一度、保険会社にお問い合わせされることをオススメしますよ

⇒過失割合で悩んだときの対処法6つ

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る