交通事故の過失割合で同じ保険会社同士の場合、何か問題はあるんでしょうか?

8cb3b5f98951ea07f30902679eabccb9_s

交通事故の過失割合で同じ保険会社同士の場合、何か問題はあるのか?

気になるところだと思います

私は、保険会社の事故対応部門で3年働きましたが、
同じ保険会社同士の事故は本当にやりずらかったです

私が働いていたのは通販型ではなく代理店介在の保険会社です

なので、通販型の話ではなく代理店介在の話になりますが、
代理店の力次第で話が進まないケースも出てくるんです

同じ保険会社だったらお互い譲歩して解決できるじゃない?と思われるかもしれませんが、
過失割合というのは本体の社員が決めれるものではありません

代理店さんの承諾のもと決定する必要があるわけです

その場合、代理店さんによってはライバル心もあって、
あの代理店には譲りたくないとか、そういった思いもあるわけです

あまり力を持っていない代理店なら余計そうなるケースもあります

私もよく、「相手の代理店が大きいからって贔屓してんじゃないの?」と言われました

もちろん、全部が全部、こういう代理店ばかりというわけではありません

ただ、過失割合の話がなかなか進まない場合は、
上記のような会社事情で交渉が進んでいない可能性は非常に高いです

一応、通販型の場合は代理店が介在していないので、よりスムーズに話が進む可能性が高いです

どっちがいくら負担しようが、代理店が介在していないので、
保険会社内部のやりとりで終わりますからね

そういった意味では、同じ保険会社同士の事故の場合、
通販型の方がいいかもしれないですね

⇒過失割合で悩んだときの対処法6つ

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る