玉突きの交通事故の過失割合はどうなるんでしょうか?

d1dbc55d5dd50c190cbff420a49afb54_s

玉突きの交通事故の過失割合はどーなるのか?

気になるところだと思います

私は保険会社で働いていたときに、
10台以上が絡む玉突き事故の担当をしましたが、その際はもうわけが分からなくなりましたね

玉突き事故というのも様々で、単純な玉突き事故の場合は、
一番後ろの車が全責任を負うのが通常です

3台絡んだ玉突き事故であれば、
前から3台目の車が過失割合100%になるということです

前から2台目の車は、3台目に追突されたのが原因で、
1台目に追突してしまうわけですからね

ですが、非常にややこしくなるのが時間差玉突きであったり、多重玉突きです

こうなった場合、同じ箇所に複数損害が発生したりするわけですが、
どの玉突きでこの傷ができたのかというのが判断できないわけです

過失割合に関しても、正直わけがわからなくなります

もう、ぐっちゃぐちゃですからね

そうなると、後は保険会社同士の話合いになるわけてす。

10万の損害であれば、半分の5万円を双方で負担しようとか、
もう解決策はその都度変わります

玉突き事故で大切なのは、事故時の衝撃が1度のみか?
または複数回あったか?などの、事故状況が一致するかどうかです

事故状況が確認できないと、話を進めようがありませんからね

なので、正確な過失割合で交渉するためにも、
保険会社への事故報告は慎重に行うようにしてください

トピック!

過失割合で納得できないときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

弁護士費用特約があるなら弁護士に相談が1番!

弁護士費用特約があれば、無料で弁護士に相談・示談代行依頼が可能なので、過失割合で納得できない場合は、必ず弁護士を頼ってください。そのための弁護士ですからね。

以下の、大手弁護士法人ALG&Associatesであれば、交通事故に強く全国対応で、弁護士費用特約がなくても無料で相談できます。

交通事故のことなら 弁護士法人ALG&Associatesまで

メールで今の状況をお伝えし、過失割合を何とかできないかだけでも聞いてみる価値はありますよ。

交通事故に強い大手弁護士法人に無料相談してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

元大手保険会社で事故担当者として現場で働いていました。当サイトの情報は、私が現場で経験したことをベースに作成したものです。そこらの弁護士より、処理した事故件数を上回っているので、情報の信ぴょう性についてはご安心ください。

詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る