雪道の自動車事故の過失割合はどうなるんでしょうか?

95c8d7e19c020fc573042646f1e03829_s

雪の道路での交通事故の過失割合はどうなるのか?

気になるところだと思います

私は、雪国で保険会社の事故担当として働いていましたので、
雪の事故は嫌というほど担当してきました

そんな経験からお伝えしますが、雪の事故というのは特殊です

というのも、雪でセンターラインや標識などが見えない場合があるんです

例えば、通常の道路で一時停止の標識がある車が、
一時停止違反で事故を起こした場合、過失割合が大きくなるのは明白です

非常に強い注意義務がありますからね

ですが、雪の影響で一時停止の標識が隠れてしまった場合。
これは、一時停止違反とは見なされないわけです

だって、見えないわけですからね

そうなれば、過失割合も大きく変わってしまいます

なので、雪の事故は本当にその都度、
過失割合が変わってきます

一応、保険会社は、過去の裁判例(雪の事故)をまとめた資料を持っていたりします

保険を使う使わないに関わらず、雪の事故で過失割合に困った場合は、
保険会社の担当者に一度確認するのがいいかと思いますよ

トピック!

過失割合で納得できないときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

弁護士費用特約があるなら弁護士に相談が1番!

弁護士費用特約があれば、無料で弁護士に相談・示談代行依頼が可能なので、過失割合で納得できない場合は、必ず弁護士を頼ってください。そのための弁護士ですからね。

以下の、大手弁護士法人ALG&Associatesであれば、交通事故に強く全国対応で、弁護士費用特約がなくても無料で相談できます。

交通事故のことなら 弁護士法人ALG&Associatesまで

メールで今の状況をお伝えし、過失割合を何とかできないかだけでも聞いてみる価値はありますよ。

交通事故に強い大手弁護士法人に無料相談してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

元大手保険会社で事故担当者として現場で働いていました。当サイトの情報は、私が現場で経験したことをベースに作成したものです。そこらの弁護士より、処理した事故件数を上回っているので、情報の信ぴょう性についてはご安心ください。

詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る