万一、当て逃げされた場合、過失割合はどうなるんでしょうか?

1fbf189758891fc7f7c3eca8fe425a2f_s

当て逃げされた場合、過失割合はどうなるんでしょうか?

気になるところだと思います

私は保険会社の事故対応窓口で3年働いていましたが、
稀に当て逃げの事故を担当することがありました

そんな経験からお伝えできるのは、
まず当て逃げは過失割合とは一切関わりがないということです

なぜなら、過失割合というのは事故直前の話を元に決めるもので、
事故後の当て逃げとは関係がないからです

ここで話は分かるけど気持ちが納得できないという方も多いですが、
これは裁判でも変わらないので割り切るしかありません

私が担当した事故でも、当て逃げした車を追跡して捕まえて、
非常に憤慨されていた契約者様もいらっしゃいましたね

私も逆の立場ならそうするので、当然といえば当然ですね

ただ、実際、一番の問題は当て逃げした車が分からないときです

そうなった場合、車両保険で対応せざるを得ないわけですが、
あなたの保険の内容によっては車両保険でも保険がおりない可能性もあります

というのも、車両保険には相手の車が特定できないと支払えないという契約があるんですね

私の今の自動車保険もその内容なので、
万一当て逃げ被害にあえば自己負担で車を修理する必要が出てきます

私はそれを承知した上で加入していますが、
もしあなたも当て逃げ被害がご心配なら車両保険を見直しは必要かもしれませんね

⇒過失割合で悩んだときの対処法6つ

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る