交通事故で追突してしまいました。過失割合はどうなりますでしょうか?

a31c28d6acb50676056cd18a0caf84da_s

交通事故で追突をしてしまった場合、過失割合はどうなるか?

気になるところですよね。

私は、保険会社の交通事故担当として毎年千件程度の事故を見てきました。
その中でも一番多かったのが、追突事故といっても過言ではありません。

アクセルとブレーキを踏み間違ったとか、携帯電話で電話してたとか、
余所見してて追突しちゃったというケースが多かったですね。

もちろん、追突事故の場合は追突した側の過失が基本100%になります。

ただ、玉突き3台の事故であなたが真ん中の車だったとすれば、
あなたの過失割合は0%になります。

こういうケースはあなたも前の車に追突したことになりますから、
あなたは避けようのない事故となります。

ですが、追突でもあなたに過失が100%発生しないケースがあります。

それは、時間差追突事故です。

どんな事故かといいますと、例えば30秒前にあなたの前方で事故が起きて、
その影響で車が停止していたけど、気付くのが遅れて追突してしまったというパターンですね。

滅多にある事故ではありませんが、雪が降る地域では稀にある事故です。

こういうケースは、あなたに100%の過失は発生せず、
むしろ過失割合が少なくなるケースの場合もあります。

この時間差追突の事故の場合はケースバイケースなので、
どっちが悪いかというのは一概には言えません。

ですが、通常の追突事故の場合は過失割合は100%になるのが基本なので、
事故を起こしてしまったら保険会社に連絡するようにしましょうね。

トピック!

過失割合で悩んだときの対処法6つ

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

過失割合にこだわらず解決できる方法もある!

もし、車を修理していないなら、事故車がいくらで売れるか査定してみましょう。

(以下のサイトで事故車を査定できます)

修理せずに相手から修理概算額を保険金として貰い、事故車を高く売って車を買い替えることだってできるんです。トータルで見ると、今の過失割合で示談しても車を買い替えた方が得になる可能性もありますよ。

事故車をネットで簡単査定してみる

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る