交通事故の過失割合は誰が決めるのでしょうか?

241ee882caa7dbbd87a28c1f5bea64ae_s

交通事故を起こせば、過失割合という言葉は必ず耳にすることになるかと思いますが、
この過失割合は誰が決めるのか?

よく分からないですよね

保険に加入しているのであれば、
保険会社が代行して過失割合を決めてくれたりしますが、
実際のところはどうなんでしょうか?

基本的には、過失割合は当事者同士で決めるものです

これが、原理原則です

じゃあ、なぜ保険会社が過失割合の交渉をできるのか?といいますと、
法律で保険会社は契約者に過失が発生する場合に限り代行できることになっているからです

以前は、示談屋なるものも存在していましたが、
現在は当事者以外であれば原則保険会社の社員でしか示談交渉は許されていません

ただ、代行できるのは、過失が発生する場合なので契約者が追突事故の被害者であれば、
過失交渉はできないというわけですね

また、保険代理店も過失交渉に介入はできません

あくまでも、本体の保険会社の社員のみが過失交渉が可能です

一応、保険会社のスタンスは代行なので、
保険会社の過失割合の提示に納得できないのであれば、
当事者に直接交渉しても問題はありません

保険会社はそれを止める権力はありませんからね

もちろん、当事者が保険会社に任せているいえば、
それ以上は言えず、結局保険会社との話し合いになるわけですが・・・

しつこく当事者に詰め寄りすぎると、保険会社が契約者保護のため弁護士が介入してきます

なので、過失割合の交渉をする際は、原則、
双方が保険に入っていなければ当事者同士で。

保険に入って入れば、保険会社と交渉して過失割合を決めていく流れになりますね

トピック!

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

あなたの自動車保険は安くできます!

保険会社によって同じ保障内容でも保険料が安くなるってご存知でしたか?

itiran1

【無料】最大18社の自動車保険を一括見積もり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る