車両保険に入っていない状況で事故をしてしまい全損になってしまいました・・・

車両保険に未加入で事故を起こしてしまった場合、非常に困りますよね。特に、全損なら尚更です。

被害事故であるならば、過失割合の割合に応じて相手に支払ってもらってもらえますが、自損事故の場合はそういうわけにはいきません。

結論から言うと、修理するなら全額自己負担するしかありません。

  • 車両保険が高いから
  • 古い車だし事故ったら車を買い替えるつもり

このような理由で車両保険に加入しなかったとしても、いざ事故をしてみるとどうしようかと悩むものです。

私は保険会社の物損事故担当者として現場で働いていましたが、
車両保険に未加入のお客様から事故ったけど何とかならないか?とお電話を頂いたこともあります。

でも、残念ながらどうしようもありません。選択肢としては3つです。

①修理せずに車に乗り続ける

修理代数万円程度の軽微な事故の場合のみですが、年式の古い車などは修理しないというのも一つの選択肢です。

もちろん、全損ならば不可能です。

②安く修理してもらい自腹で修理代を払う

修理はリサイクル部品を使えば修理代が安くなるケースがあります。

もちろん、新車の修理に使われるケースは少なく、あくまでも古い年式の車のケースのみです。

例えば、修理業者に年式が古く全損ギリギリという場合は、リサイクル部品を使って何とかなりませんか?と相談するのも一つかもしれません。

修理業者としては、保険会社でなくあなたからお金を受け取るため、修理代さえ払ってもらえば全損だの時価額だの気にしませんから、高い修理代を請求される恐れもありますからね。

場合によっては、車を売ったほうがいいんじゃ?と提案される可能性は高いですけどね。

③車を売って新車に買い替える

車の買い替えを検討していた場合は、修理せずに車を買い替えるのも一つです。特に、車検が近い場合はそうした方が得かもしれません。

その際は、ディーラーなどではなく事故車専門の買取業者に査定をしてもらってください。

下取りと言われていますが、ディーラーは事故車以外でも買取りより値段が低いのが通常です。国内中古車の卸売り価格が記載されていつガイドブックを使い査定していますからね。

買取業者の基準である、リアルタイムの業者間の取引相場価格で査定をしていないんです。

なので、ディーラーで下取りしてもらう際は、事故車は相当低い値段でしか買い取ってもらえないと思っていたほうがいいです。

残念ながら、全損車は99%の確率で値段がつきません。

なので、必ず事故車専門の買取業者に査定をしてもらうようにしてください。

まとめ

残念ですが、車両保険に入っていない場合は、修理するなら全額自己負担しかありません。

なので、どの選択をしても損をするのは間違いないですが、後はあなたの好みで判断するしかないです。

私が現役のときは、修理せずに車を買い替える方も結構いましたね。特に、全損の場合は、買い替えという選択肢が現実的なのは間違いないですね。

トピック!

事故車を高く売るなら事故車専門の買取業者で!

事故車を修理せず保険だけもらうこともできるんです!後は、事故車専門の買取業者に車を高く売るだけですよ。

事故車をネットで簡単査定してみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る