車両保険で全損になった場合の基本的な流れと車を直したいときの対処法など

b943addde0d6df640b1eb86fa2e206f6_s

車両保険で全損になった場合どういう流れでことが進むのか?

結論から申しますと、契約上の車両保険金額が満額支払われ、
事故車は保険会社が引き取ります

例えば、契約上の車両保険金額が100万で修理費が120万かかるとしましょう

保険金額<修理費という時点で全損扱いになるわけなので、
20万もオーバーしてるためもちろん全損という扱いになります

もちろん、保険会社の人間が実際に車を見て判断した上で全損を確定させます

そうなれば、保険会社から修理するしないに関わらず、
原則100万円があなたが指定した口座に支払われる形になります

ただ、基本的に全損時諸費用特約なるものをオプションで契約しているのがほとんどなので、
実際には、車両保険金額✕10%(20万円限度)がプラスされます

100万円✕10%=10万⇒計110万

なので、保険会社からは110万円が振り込まれます

オプションで新価特約というものを別に契約していれば、
新たに購入することになる新車費用と同等の費用が車両保険で支払われます

ですが、おそらくこの新価特約を付帯している方は少ないので、
通常は、上記の110万円が支払われます

例え、車両保険の免責が10万円あったとしても110万円満額が振り込まれます

全損の場合は免責は除外して考えますからね

ただ、おそらく気になるのは、保険会社が車を引き取るという内容でしょう

ですが、これは保険約款に定められていることなので、原則絶対です

車というのは全損となっても残存価値があるため、高くても数万円程度ですが売れるわけです。
保険会社はそういった業者と提携しているので、保険金を支払うかわりに車を回収するわけです。

なので、車を修理したいなど、どうしても車を引き取りしてほしくない場合は、
本来保険会社が受け取るはずだった残存価値を引いた額が支払われる形になります

例えば、残存価値が2万円であれば、合計108万(110万-2万)となります

私が保険会社の事故処理部門で働いていた時もこういうケースは多々有りました

もちろん中には、実際に修理はせずに廃車買取サービスなどを利用して、
自分で廃車をしてお金をもらっている方も当然いたでしょう

上記のようなサービスを利用した場合、場合によっては高額で全損車が売れますからね

110万もらうより、108万+自分で廃車した方がお金をもらえるならそうしますからね

契約者様が修理したいと言えば、「分かりました。では残存価値を引いた分のお支払いになります」としか言えないですからね

後は、もう契約者様のご自由にというのが保険会社のスタンスです

なので、一度、廃車買取サービスを使って廃車費用でもらえるお金を調べてみるのも一つかもしれません

あとは、中古車無料お探しサービスなどを使って、
全損車と同じ車で一番安い車を探すなどして新しい車をみけてください

おそらく、新しい車が必要になるとは思うので車を探しつつ保険会社とやりとりしていきましょう

一応、全損の場合、車は保険会社が引き取る流れで進むということは覚えておいてくださいね

トピック!

事故車でも高く売れるってご存知でしたか?

車両保険でも被害事故でも、修理せず保険だけもらうこともできるんです!後は、以下のカーセンサーの数社の見積もりを比較して、1番高い査定価格で売却し、「保険金」+「売却価格」でお得に車を買い替えるだけです。(※事故歴の選択を忘れずに)

事故車をネットで簡単査定してみる

ページ上部へ戻る