自動車保険の全損時諸費用特約とはどういう補償内容なんでしょうか?

96bcd261d274a814dd4932453f362b4f_s

自動車保険の全損時諸費用特約とはどのような補償内容なのか?

気になるところだと思います

保険会社によって呼び名は多少異なるかもしれませんが、
基本的には自動車保険(車両保険)に加入すると自動的についてくるものです

自動車保険には全損時諸費用のように自動的についてくる補償がいくつかあり、
これらは一般的に自動付帯と呼ばれています

それでは、全損時諸費用がどういうときに支払われるか?という話ですが、
これは名前の如く、車が全損になったときに支払われるものです

全損について分からなければ、全損の意味をご参照ください

全損になった際に、車両保険金額の10%をプラスαでもらえます

車を購入するとなれば、諸費用が本体価格以外にかかりますからね。
要は、それらを補償するのがこの特約というわけです。

例えば、あなたが車両保険に100万円で加入していたとします

そして、車が全損になり100万円の支払いを受ける条件もクリアしていれば、
10万円(100万円×10%)が上乗せされ、合計110万円を保険会社に、
支払ってもらえるというわけですね

これが全損時諸費用特約という補償内容の全てです

トピック!

あなたの自動車保険は安くできます!

保険会社によって同じ保障内容でも保険料が安くなるってご存知でしたか?

itiran1

【無料】最大18社の自動車保険を一括見積もり

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

元大手保険会社で事故担当者として現場で働いていました。当サイトの情報は、私が現場で経験したことをベースに作成したものです。そこらの弁護士より、処理した事故件数を上回っているので、情報の信ぴょう性についてはご安心ください。

詳しいプロフィール

ページ上部へ戻る