事故車が全損扱いになってしまいましたが・・・

1d11eb63da1db0471bd1677adae96e86_s

事故車が全損扱いになってしまった・・・

このようなときってありますよね

事故車が全損になってしまうと、
単独事故か被害事故にもよりますが、保険会社が介入するケースが出てくるかと思います

保険会社が介入していれば、「修理費を時価額を超えてしまったので、全損金額として○○円しかお支払いできません」(被害事故の場合)と言われる可能性が高いです

もしくは、「全損金額+50万円以内であれば、
(加害者の)特約で修理費全額をお支払いできます」と言われる可能性もあります

これは、私も保険会社で働いていたので、まず間違いないでしょう

全損というのは法律で定められている原理原則なので、
この考えを覆すことはできません

被害者やのになんで修理費全額出ないの?と言っても、どうしようもないんです

もちろん、全損金額をプラスαにしてもらう交渉はできますが、
全損という概念は変わらないわけです

それと、もしあなたが単独事故で全損扱いになった場合は、
あなたがご加入の保険会社の車両保険から、車両金額分が支払われます

車両保険金額が30万円で修理費が50万円して全損扱いになれば、
あなたに30万円支払われるわけですね

これが、車両保険の全損扱いです

一応、全損扱いになった際に、被害事故の場合と単独事故の場合とでは、
考え方が多少異なるということは覚えおいてくださいね

トピック!

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

あなたの自動車保険は安くできます!

保険会社によって同じ保障内容でも保険料が安くなるってご存知でしたか?

itiran1

【無料】最大18社の自動車保険を一括見積もり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る