車両保険の全損の意味を教えてください

dd058ab60e359e83d90d08ac9c243741_s

車両保険に加入していて全損扱いになってしまった・・・

このようなときってありますよね

ですが、いまいち車両保険の全損の仕組みってよく分からないと思います。
私も保険会社に入社するまでは何のことか全く分からなかったです

ですが、全損は理解すればめちゃくちゃ簡単です

車両保険の全損というのは、
要は車両保険金額の設定額を修理費がオーバーした状態のことです

車の価値を修理費が上回ったので、
保険金として修理費は全額支払えないということになるわけですね

なので、例えば車両保険金額が50万円の場合、
修理費が55万であれば全損という扱いになります。

その場合、基本的にあなたの手元に50万円が振り込まれるわけです

ローンでお支払いされている状態であれば、
ローン額に優先されて、残った分があなたの手元に入ってきます

また、保険会社によって異なりますが特約として、
全損時諸費用特約や買替時諸費用特約なるものに加入していれば、追加で上乗せされます

一般的には、50万円の10%〜15%というのが多いですね

もちろん、特約として支払いを受けるには、
条件があったりするので、そのあたりはご加入の保険会社に確認するようにしてください

但し、原則、保険会社から全損の車両保険金が支払われた際は、
あなたの車は保険会社に回収されますので注意してください

これは、約款で定められていますので、あなたで事故車を車屋に売ったりすることもできません

そこだけは、必ず注意してくださいね

トピック!

事故車を高値で売り、車を買い替えたい方はこちら

車が全損になった際に全損提示額を大幅にUPする方法

あなたの自動車保険は安くできます!

保険会社によって同じ保障内容でも保険料が安くなるってご存知でしたか?

itiran1

【無料】最大18社の自動車保険を一括見積もり

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る